加工食品の栄養成分表示について
2019.10.30
こんにちは、協同食品株式会社(グルマンクラブ)の山野井です。

前回の「BMI値」と「1日に必要なエネルギーの量」に続き、
今回は「加工食品の栄養成分表示」についてご紹介します。

2015年4月1日に「食品表示法」が施行され、その中のルールの一つとして
「加工食品の栄養成分表示」が義務化され、国内製造の加工食品は2020年3月31日まで
経過措置期間中となっており、輸入品は2020年4月1日の輸入分より適用となっており、
弊社も昨年から準備に取り掛かっております。

すでに、店頭などでさまざまな商品が栄養成分表示が記載されていることを目にしますが、
どのようなものなのでしょうか。



● 必須記載項目は5項目

 食品表示法では、栄養成分【①熱量と三大栄養素である②たんぱく質 ③脂質 ④炭水化物
 および ⑤ナトリウム(食塩相当量に換算して表示)】の5項目を必須表示とし、
 また、一定のルールに従って、その加工食品の特性をさらに詳しく表示することができます。

● 五大栄養素と三大栄養素について

 栄養素は、食物の中に含まれている物質のうち人間のからだに必要な成分であり、それらには

  ① 筋肉や骨、歯、血液などをつくる

  ② エネルギーをつくる

  ③ 体調を整える

 という3つの役割があり、教科書にも載っています。

 三大栄養素は、糖質・脂質・たんぱく質であり、これにビタミン・ミネラルを加えたものが
 五大栄養素になります。

 三大栄養素はパワーの源であり、糖質とたんぱく質は1グラムあたり4キロカロリー、脂質は
 9キロカロリーのエネルギーを発生させます。

 ただし、たんぱく質は平常時にはエネルギーというよりは、細胞・ホルモン・酵素・遺伝子・
 免疫抗体などの構成成分として優先的に利用されます。

 ご存知のとおり、炭水化物は前述の糖質と食物繊維で構成されております。
 糖質は消化されてエネルギーになりますが、食物繊維のほとんどは体内で消化されません。

● エネルギー【熱量】換算係数 「(修正)アトウォーター係数」について

 日本の食品表示基準では、食品表示上のエネルギー【熱量kcal】の計算方法として
 「(修正)アトウォーター係数」が利用されていることが一般的です。

 「(修正)アトウォーター係数」は文献によりますと、人体内で体成分が酸化分解を受けて
 代謝されるとき、1グラムにつき4.1キロカロリー、脂質なら9.45キロカロリー、
 たんぱく質なら4.35キロカロリーのエネルギーが生じるといわれてきましたが、
 食品の場合は消化吸収を考慮してこの数値を補正する必要があるとして、炭水化物を4キロ
 カロリー、脂質を9キロカロリー、たんぱく質を4キロカロリーとして食品内のカロリー
 計算に用いています。

 ただし、このほかにアルコールや有機酸を含んでいる場合や炭水化物内の糖質(消化性糖質
 と難消化性糖質)および食物繊維を考慮したエネルギー換算係数を用いる場合もありますので
 若干の誤差がある場合もございます。

● では、ビタミン・ミネラルって??

 よく食品のコマーシャルやキャッチコピーなどに「ビタミン・ミネラルが豊富!」とか
 「ビタミンやミネラルがたっぷり!」と目にしたり耳にしたりとすることがあると思いますが、
 それぞれ重要なはたらきをしてくれています。

 1.ビタミン

   ビタミンとは、生命維持の代謝に必須の成分で有機物(炭素を含む物質)の栄養素であり、
   水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあります。

   ① 水溶性ビタミン

     水溶性ビタミンは、ビタミンB群やビタミンCであり、体内で合成できません。

     これらは、三大栄養素の代謝に重要なはたらきをしており、水に溶けるので過剰に
     摂取してもかんたんに排泄されますが、体内に貯めることができないので、欠乏症に
     注意が必要で、常に必要量を摂取しなければなりません。

   ② 脂溶性ビタミン

     その名のとおり脂肪に溶け生体内の特異的な作用に関与するといわれ、ビタミンA、
     ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKがあり、肝臓などに貯蔵できるので、欠乏症に
     なりにくいですが、過剰症に注意しなければなりません。

 2.ミネラル

   ミネラルは、体の構成成分のうち、酸素・炭素・水素・窒素以外の元素の総称で無機質
   ともいわれ、電解質と必須微量元素がございます。

   ① 電解質

     ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなどの電解質は体に必須の
     元素です。

     体の構成成分で最も多いミネラルは、骨の成分であるカルシウムとリンで、
     体液に多いのがナトリウム、カリウム、クロールで、細胞内液にはカリウム、
     血漿(けっしょう=血液に含まれる液体成分)などの細胞外液にはナトリウムと
     クロールが多く含まれます。

   ② 必須微量元素

     体内含有量が鉄より少ないもの、あるいは一日の必要量が100mg以下の元素の
     ことで、鉄・亜鉛・銅・マンガン・ヨウ素・セレン・クロム・モリブデンです。

● まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 じつは、栄養成分表示はもう一つの表示方法があり、上述の5項目のほかに脂質の詳細
 【 飽和脂肪酸、n-3(オメガ3)系脂肪酸、n-6(オメガ6)系脂肪酸および
 コレステロール など 】と炭水化物の詳細【 糖質(糖類も含めた)と食物繊維 】や
ビタミン、ミネラル類を表示して、その商品の特徴をPRできるわけですが、弊社が
 取り扱う輸入食品はなかなか情報がすべて集まらないので、5項目までの表示にしております。

 今回は各項目の詳細についてのご紹介はできませんが、あらためて項目別にご紹介できればと
 思っております。

 以前、営業として10年以上従事していた時は、このようなことはまったく興味がありません
 でしたが、品質管理の部署を作ったときに一番最初に学習した項目であり、これがなかなか
 奥深く、おもしろく興味が湧いたものです。

グルマンクラブ公式ホームページ : http://www.gourmand-club.com

  
2019.10.30 13:02 | 固定リンク | 健康
気になる 「BMI値」 とは?
2019.10.23
こんにちは 協同食品株式会社(グルマンクラブ)の山野井です。

今年もあっという間に10月ですね!
弊社は10月になると健康診断を実施することになっているのですが、
この時期に気になるのが「BMI値」です。



若い時はほとんど気にしませんでしたが、10年前くらいからよく耳にするようになりました。
年を重ねたことで無意識の中で耳にする機会が増えたということでしょうかね??

● 「BMI値」

   「BMI値」は、Body Mass Index の略であり、標準体重を維持するための
  エネルギー摂取と消費のバランスをとることが大切ということからこの指標を
  重視するようになったそうで「22」が適正値となり、年齢層別に許容範囲が
  設定されております。

      BMI値 = 体重(kg) ÷ (身長(m)の2乗)

● エネルギー収支バランスの基本概念

  厚生労働省の資料によりますと、エネルギー摂取量とエネルギー消費者が等しいとき、
  体重の変化はなく健康的な体格(BMI)が保たれるということになります。

  つまり、エネルギー摂取量がエネルギー消費量を上回ると体重は増加し、
  肥満につながるというわけです。

  若い頃はラーメンばかり食べていましたし、必ず大盛にしてさらにライスを添付!
  自宅でもご飯はお茶碗2杯必須・・・!!と   
  この概念など全く考えなかったものですから当然肥満体質になったものです。



● では、適性なエネルギーはどのくらいなの? 

  エネルギーを表す単位として一般的に「何カロリー」と耳にしますが、
  厳密には「キロカロリー(kcal)」で表示され、1日に必要なエネルギー(キロカロリー)は、
  老若男女や活動レベルによってそれぞれを厚生労働省のホームページで確認しましたところ
  成人男性でおおむね2,600kcal、成人女性でおおむね2,000kcalでした。

  ※ 厚生労働省のホームページにて推定エネルギー必要量として詳しく表示しています。

 

● まとめ

  もし、「BMI値」 を気にするのであれば、自分に最適な 「1日に必要なエネルギー」
  を把握しておく必要があります。
  また、書店やインターネットでお料理のメニュー別に1食あたりのカロリーを見ることが
  できるようになりましたし、近年外食やお弁当などのメニューにもカロリー表示を目にする
  ことが多くなりました。
  つまり、それだけ関心が高くなったということですね!

  さらに、食品表示法の改正に伴い、加工食品の栄養表示が義務化となりましたので、
  容易に情報収集ができ、今後ますます着目されることと思われます。



  今回、この記事を作成した目的は、加工食品に記載されている表示内容について
  ご紹介するにあたり、この「BMI値」と「1日に必要なエネルギー」について
  お伝えしておかなければならなかったからです。

グルマンクラブ公式ホームページ: http://www.goumand-club.com

 
2019.10.23 14:38 | 固定リンク | 健康
マダミアナッツオイルの脂肪酸について
2019.09.30
こんにちは、協同食品株式会社(グルマンクラブ)の山野井です。

今回は健康オイルとして徐々に人気が出てきている『マカダミアオイル』を紹介します。



『マカダミアオイル』はその名のとおりマカダミアナッツのオイルです。



コールドプレス製法で抽出されたオイルは、ほのかなナッツの風味があり
サラダドレッシングや製菓材料としてもご利用いただけます。



エリーシアンアイル マカダミアオイル 250ml



● 豊富な一価不飽和脂肪酸

マカダミアオイルの脂肪酸は、オレイン酸やパルミトレイン酸などの一価不飽和脂肪酸が
約8割と豊富に含まれており、その中でも弊社取扱いの『エリーシアンアイルブランド』は
オレイン酸が62.1%、パルミトレイン酸は16.8%も含まれています。

以前にもご紹介しておりますが、オレイン酸は血中の善玉コレステロール(HDL)値はそのままで、
悪玉コレステロール(LDL)値を下げる働きによって、動脈硬化のリスクを低下させたり、
胃腸の調子を整えたりするほか、小腸で吸収されにくく大腸まで届きますので、腸の働きも良くして
便秘の予防になるともいわれています。

また、オレイン酸は抗酸化作用があるので酸化しにくく、
ガンの原因となり得る過酸化物質を作りにくくするはたらきもございます。

一方『パルミトレイン酸』は、昨今注目されている『オメガ7(nー7)系脂肪酸で、
人の皮脂にも約1割含まれております。しかしながら、これが加齢とともに減少して行きます。

マカダミアオイルはもともと美容などで使用するキャリアオイルとして知られており、
肌への浸透性の高さが特徴で、肌の再生を促す効果があるということから、私自身も約3ケ月
塗り続けていたで角栓が取れた経験があります(当然ながら個人差等があると思います)。

また、パルミトレイン酸は血管内まで入ることができるため、血管を強化するはたらきもあると
いわれており、高血圧や脳卒中予防などにも良いとされております。

マカダミアオイルのパルミトレイン酸の含有量は、他の植物油より非常に高く、お料理や美容など
さまざまな用途にご使用いただけます。


● 高温加熱調理が可能です。

マカダミアオイルの発煙点は186℃、発火点は330℃といわれています。

よって、マカダミアオイルは高温加熱調理が可能で、しかも酸化しやすいといわれる
リノール酸含有量が非常に低い(ちなみに、エリーシアンアイルブランドは、2.1%)ので、
酸化しづらいことも大きな特徴です。


● まとめ

いかがでしたでしょうか。弊社もマカダミアオイルを取扱いはじめてから約20年になりますが、
これらの理由により人気の衰えを感じさせず、輸入実績を伸ばしております。

あなたもこの機会に是非、お試しになりませんか(*^-^*)

グルマンクラブ公式ホームページ http://www.gourmand-club.com
2019.09.30 17:55 | 固定リンク | 健康
食用オイルの脂肪酸(オメガって?)について
2019.08.08
こんにちは、協同食品株式会社(グルマンクラブ)山野井です。

弊社ではさまざまな食用オイルを取り扱っておりますが、
オイルに含まれている脂肪酸についてご案内します。



脂肪酸は、三大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物)の一つで
非常に大切なもので、不足すると健康に影響を及ぼすことはご存知ですよね?

よく、「オメガ何とか系」 って聞きますよね?

脂肪酸は24種類に分かれていて、もっと細かく分けると46種類にもなります。
まずざっくり分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、「オメガ何とか系」 といわれるのは、
不飽和脂肪酸のほうであり、おもに植物性の油脂があげられます。


1.オメガ3(n-3)系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)について

オメガ3系脂肪酸は、人の体内ではつくることができない必須脂肪酸です。

代表的なオメガ3系脂肪酸はα-リノレン酸があり、アレルギー疾患や高血圧、がんの予防にも
なるといわれ、植物由来の油では「えごま油」や「亜麻仁油 ( フラックスシードオイル )」に
多く含まれ、体内に入ったあとに代謝されて、EPAやDHAになります。

ちなみに、EPA ( エイコサペンタエン酸 ) やDHA ( ドコサヘキサエン酸 ) もオメガ3系脂肪酸で
青魚に多く含まれると知られており、EPAは悪玉コレステロールを減少させ、血栓を予防する働きがある
とされ、さばやうなぎ、さけなどに多く含まれております。

また、DHAは脳の働きを維持し、高脂血症や高血圧を予防するとされ、マグロの脂身やさばなどに
多く含まれているようです。
だからさばの缶詰が多く売れるというわけですね!


2.オメガ6(n-6)系脂肪酸(多価不飽和脂肪酸)について

オメガ6系脂肪酸も前述のオメガ3系脂肪酸同様、人の体内でつくることができない必須脂肪酸の
ひとつで、代表的なリノール酸は、血中のコレステロール濃度を下げることにより、動脈硬化の
予防によいといわれており、ひまわり油やコーン油、グレープシードオイルに多く含まれております。


イメージ

また、オメガ6系脂肪酸が体内で不足すると、皮膚状態の悪化、成長の遅れ、肝臓や腎臓における
トラブルや感染症のリスクが高まるともいわれております。

オメガ6系脂肪酸は、摂取したあと体内で合成される「ビタミンF(γリノレン酸やアラドン酸)」
のほか、食材に元々含まれているγ-リノレン酸(血糖値や血圧の低下=からすみやニシンなどに多い)
やアラキドン酸(卵黄や豚レバーなどに多く、免疫機能を整えるといわれております)も
オメガ6系脂肪酸に含まれます。

ただし、前述のオメガ3系脂肪酸も含め、酸化しやすいことが欠点です。

ちなみに、ヘンプシードオイル ( 麻の実油 ) は、オメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸と
オメガ6系脂肪酸のγ-リノレン酸の両方を含んでおり、健康オイルとして人気があります。


3.オメガ9(n-9)系脂肪酸(一価不飽和脂肪酸)について


一価不飽和脂肪酸は体内で作り出せることができ、オメガ9系脂肪酸とよばれており、
パルミトレイン酸・オレイン酸・エイコセン酸・エルカ酸・ネルボン酸の5種類の脂肪酸で、
最も注目されているのがオレイン酸です。

オレイン酸は、血中のいわゆる善玉コレステロール(HDL)の値はそのままで、
悪玉コレステロール(LDL)下げる働きがあり、動脈硬化のリスクを低下させます。

また、オレイン酸は酸化されにくく、ガンの原因となり得る過酸化物質を作りにくくする働き
もあることからオリーブオイルのほか、ナッツ系の油などからの摂取がすすめられています。

弊社取り扱いの食用オイルのほとんどがこのオメガ9が多く含まれる商品になります。

・オリーブオイル






・アボカドオイル

イメージ

・クルミオイル
・ヘーゼルナッツオイル
・ピーナッツオイル


昨今、オメガ9系の中でもパルミトレイン酸が「オメガ7系脂肪酸」といわれ、
マカダミアナッツオイルに多く含まれているため注目を浴びております。


ちなみに、一価不飽和脂肪酸の中にエライジン酸とバクセン酸という脂肪酸も含まれますが、
この二つはいわゆるトランス型脂肪酸です。特にエライジン酸は健康管理上注意が必要で、
よく “ トランス脂肪酸がよくない ” といわれているのが、このエライジン酸です。

一方、バクセン酸は牛などの反すう動物の胃の中に含まれているバクテリアによる酵素の働き
が要因で発生するトランス型脂肪酸であり、これらの動物由来の肉類や乳製品にはわずかに
含まれております。


4.飽和脂肪酸について

飽和脂肪酸は、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸などがあり、体内で合成が
可能ですが、食物による摂取においてエネルギーをつくり出したり血液や細胞の膜をつくり血管を
強くしたり、善玉コレステロール(HDL)を増やす一方、悪玉コレステロール(LDL)も増えてしまう
という欠点もあります。

飽和脂肪酸は、融点が高いために常温で固体になるものが多く、ゆえに体内で固まりやすいことが
特徴で、動物性と植物性があり肉の脂身やラード、バターなどの動物性の飽和脂肪酸は、エネルギーに
変換される速度が遅いために、血液をドロドロにして流れを悪くしてしまうだけでなく、
悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪の合成までも促進してしまい、過剰摂取による動脈硬化や
生活習慣病のリスクを高めてしまいます。

一方、植物性の飽和脂肪酸は、エネルギーに変換される速度が早いといわれ、ココナッツオイルや
油やしから採れるパームオイルは飽和脂肪酸なのに体に良いといわれておりますのは、すでにご周知の
とおりであります。




イメージ


5.まとめ


いかがでしたでしょうか?
脂肪酸は、美容や健康を意識した人からすると敬遠しがちになりますが、人間の体の組織に
大切な役割をしております。しかし、過剰に摂取すると健康に悪影響をもたらすので、バランス
よくとることをおすすめします。

また、よいバランスとは、飽和脂肪酸 3 : オメガ9系の不飽和脂肪酸 4 : オメガ3系および6系の
不飽和脂肪酸 3 の割合が望ましいといわれております。

ちなみに、弊社ではオメガ3系脂肪酸を含むえごま油、亜麻仁油、麻の実油の取り扱いがまだないのです。

理由は弊社は元々業務用で展開しているためにメニュー提案の際にどうしてもコストが上がってしまい、
現実的ではないということです。

しかし、今後は取り扱いを検討してみようと思っております。
では、また!

グルマンクラブ公式ホームページ http://www.gourmand-club.com
2019.08.08 09:59 | 固定リンク | 健康